2016年1月のメッセージ

未來(あした)への希望を失った時
人は生きる力を
なくすのかもしれない

今日(いま)がどんなにつらくても
未來(あした)への希望がある限り
人はきっと
生きていけるのだと思う