創設者の想い

障害者は、長い歴史の中で、社会的弱者とされ、一方的に助けられ守られる立場で存在していました。
しかし、私たちは、障害の有無に関わらず、それぞれが与えられた能力を発揮し、
この街の中で、支え合い、励まし合い、想いを語り合う中でお互いに高め合っていく関係を
築いていきたいと考えます。

「障害」は、不幸なことではありません。
ただ、今の社会環境の中で、不便さや不自由さを感じることはあります。
そのため私たちは、障害のある人たちの物理的な不自由さを
少しでも軽減するためのサポート(ヘルパー派遣事業)と
誰もが与えられた能力を最大限に発揮し、
自信を持って社会参加できるようなサポート(エンパワーメント事業)に
取り組んでいきます。

障害者サポートセンター舞夢 市江由紀子

メッセージボードMessage

人はみんな 誰かに求められたいと 思ってる   人はみんな 誰かの役に立ちたいと 思ってる

私には 出来ないことがたくさんある でも 私にしか 出来ないこともある だから 自分に与えられた 役割を担うために 今日を生きる そんな生き方が出来たら 素敵だなぁって思う

生きるのって 苦しいなぁって思う 生きるのって 辛いなぁって思う でも 楽しい瞬間がある 嬉しい瞬間がある その輝く瞬間と出会えるから 生き抜く力になるんだと思う