喀痰吸引等研修(第三号研修)

 医療技術の進歩や医療機器の開発により、医療的ケア(たん吸引や経管栄養)が必要な状態でも、地域で暮らすことを望む人が増えてきています。

 本来、医行為は医療スタッフ(医師や看護師)しか行えないと法で定められていますが、在宅で暮らすことを望む重度心身障害者、難病者、高齢者のニーズに応えるために、医療的ケアを家族だけでなくヘルパーが担えるようにする必要があり、在宅患者やその家族の要望によって、一定の経験を積んだヘルパーが医療的ケアの技術を身につけるための研修を受けることで、ヘルパーが医療的ケアを担えるようなシステムが作られました。 そのひとつが、この喀痰吸引等研修(第三号研修)です。

申込書【ダウンロード】
募集要項【ダウンロード】

イベント情報


募集情報